会社概要

 どんな方にも安心して葬儀をあげられる低料金な葬儀社を目指して。

葬儀は立派に、高額な費用をかけて行うものという考え方が日本では一般的になっています。

私自身、以前は町の葬儀社に勤めており、数多くのお客様を担当させて頂く中で、決して少額とは言えない金額を提示してきました。

遺族の方の中にはお身内の葬儀なのだから高額でも当たり前という方もいるのだとは思います。

しかし最近では葬儀をごくごく小さく、家族だけで費用を抑えてという考えの方が多く、高額な葬儀は必ずしも必要ではないと考え始めたのが、ほのか葬祭を始めたきっかけです。

現在の日本では高齢化社会が進み、平均寿命は男女平均で84歳と言われています。

お年寄りが長生きをするのはいい事ですが、本当に健康な状態で80代以上を過ごせる方は少なく、高齢者を支える側の多くの家族は介護をどうしていくかという事になります。

介護施設やサービス、入院費は高齢者が長生きするほど家族が費用を負担する事になり、介護を受けるようになってから亡くなるまでには莫大な額がかかっている事も少なくありません。そのうえ、葬儀にお金をかけるというのは大変な事です。

また、現実として現代では「高齢者」の葬儀を取り仕切る「喪主様」も高齢になっています。現役を離れて日がたち、亡くなった方の縁者も亡くなっていたり、体が不自由になっていたりで葬儀に呼べる人も少ない事を考えると、葬儀が小さくなっていくのは必然だと感じています。

費用を抑えた葬儀は、高齢者を抱える家族だけが対象ではありません。本来であればまだまだ現役で家族を支えてくれるはずの方をなくされた方にも必要です。

様々な事情から葬儀をあげる事を考えて今後の生活に不安を覚える方は少なくありません。なぜなら葬儀は高額で不明瞭だからです。

葬儀の良し悪しは葬儀金額によるものではなく、遺族の「お気持ち」や葬儀担当者が「気持ちを込める」事で「良い葬儀」になると考えています。形式によるものではないと考えています。

何より、これから「大切な方とのお別れ」をする家族の方が、その間際に「金額」や「今後の生活」の事で葬儀に対する不安を持ってほしくないのです。

大切な方とのお別れの時、盛大に送ってあげたいお気持ちが生まれる事と思います。無理がなければその様にして差し上げて下さい。

ただ無理をしないように、故人の事、家族の事、これからの生活の事をしっかり考えて負担を掛けない葬儀として「火葬式」や小規模な「家族葬」をお選び頂くのも一つかと思います。どんな送り方にしてもお気持ちを込めてお送りする事に変わりはありません。

「大切な方とのお別れ」の時間は「最後の思い出を作る時間」にして頂きたい。「まだ生きている時間を大切に」して頂きたい。

「ほのか葬祭があるから、葬儀も今後の生活も安心できる」そう思って頂ける「頼れる事業」になりたいと考えています。

ご家族様にとって大切な人とのお別れです。

私たちは、ご家族様に寄り添い、気持ちを込めた葬儀を行わせていただければと考えています。

家族葬のほのか  

代表 松村 知学

 

企業情報

屋号 家族葬のほのか
所在地 〒245-0009 横浜市泉区新橋町757

※弊社は「葬儀会館」「店舗」を所有しておりません

電話 045-438-8773
FAX 045-442-3404
代表者 代表 松村知学

・厚生労働省認定 1級葬祭ディレクター
・終活カウンセラー協会認定 終活カウンセラー

ホームページ https://www.kasou-honoka.com
お問い合わせ フォームからお願いいたします
運営会社 セレモニー結
   

 


 

このページの先頭へ