横浜市北部斎場にて

先日、横浜市北部斎場にて火葬式のお手伝いをいたしました。

お見送りの方はお一人様。

故人様の生前によく話し合われた上での葬儀の形です。

 

「この考えを理解してくれる葬儀社にお願いしたい」

 

こんな理由から、家族葬のほのかへ生前でのご相談を頂きました。

 

近年では火葬式という葬儀形式を選択される方が多くなりましたから、私自身がお手伝いをさせて頂く中で様々なお考えに触れ、

この葬儀形式が現代の家族の事情や世の中の状況で必要とされている方が多くいるのだと感じています。

 

今回のお手伝いは、生前相談にてお迎え~火葬式までとその後にご遺骨をお預かりして海上散骨までのご依頼が決まっていました。

 

全ての段取りを整えさせていただき、当日を迎えて火葬炉での最後のお別れの時

 

喪主様は目に涙を浮かべて別れを惜しんでいましたが、お別れに要した時間は1分ほどでした

「まだお時間を取れますよ」とお伝えしましたが

「もう大丈夫です」とのお言葉。

 

あんなに悲しそうなのになぜ?

 

事前相談していたので喪主様と故人様の仲の良さを私は知っていました。

ですから、お別れの時間は長く掛かるものだと思い込んでいました。

 

そのあと、お話を聞ける機会がりましたのでさり気なく伺ってみると

故人様の生前に良く二人で話し合った末のこと

 

「思いは残さない」

「引きずらない」

 

故人との約束であり、ご自身のお考えでも納得のうえでのこと

 

生前の残された余命の間に、お二人は全ての思いを悔いなく遂げられた

 

そんなお二人の葬儀にこちらが清々しい気持ちにさせられました。

 

家族葬のほのかは24時間365日お問い合わせも対応しています,0120649699

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ