生活保護を受けている方は『無料』で葬儀が行えます

oneplan

「葬祭扶助制度」を利用すれば葬儀が「0円」に

生活保護を受けていらっしゃる方であっても葬儀は行えます。当社では「ほのかの火葬式」をおすすめしています。

生活保護を受けている方を対象に「葬祭扶助」という制度があります。この制度を利用すれば、国から費用援助を受けて葬儀を行うことができます。

従って「ほのか火葬式」をご利用いただいたお客様にかかる実費負担は「0円」になります。

ご葬儀後の福祉課への手続きも当社で行いますので安心です。

ただ、この「葬祭扶助の利用申請」については、お客様に入手していただく必要があります。

受給資格は以下が適用対象となります。

  • 生活保護受給者が施主を務める場合
  • 故人が生活保護受給者であった場合

利用できるかどうかは、その管轄の役所にある福祉課や保護課で、 収入状況や困窮状態を元に判断されます。

「葬祭扶助制度」を申請をするタイミング

葬祭扶助の申請は「お亡くなり後から葬儀前までの間」に行わなければいけません。

生活保護法では最低限の生活で困窮している場合にのみ援助を受けることができるため、支払える資金がある場合には支給対象外と認識されてしまいます。

たとえ、それがどれだけ無理をして集めたものであっても断られる可能性が高いので、申請をするタイミングはよく覚えておきましょう。

制度を利用できるかの確認は前もって相談できます。当社を含め、お世話になっている民生委員やケースワーカー、あるいは役所の福祉係に事前に相談しておくとよいです。

申請者と故人の両方が生活保護を受けている場合

原則として申請者の住民票がある自治体で申請を行います。

ただ、実際には自治体によって条件が「厳しい」ところや「易しい」ところがあるため、制度を受けられる対象の自治体にはそれぞれ一度相談してみまるのがよいでしょう。

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ