家族葬と普通の葬儀との違いは?

近年、耳にするようになった「家族葬」というお葬式。

今回は、「家族葬」と「家族葬ではないお葬式」の違いを、「家族葬と普通の葬儀の違い」としてお話します。

「家族葬」と「普通の葬儀」の違いは、「招く範囲」

「家族葬」と一口に言っても、形式自体は様々で明確な定義があるわけではありません。

「普通の葬儀」といえば、通夜・葬儀を行う、「2日間にわたるお葬式」をイメージされることが多いですが、家族葬と聞いてもそれが実際にどんな葬儀なのかイメージしにくいのではないでしょうか。

家族葬でも二日間のお葬式が一般的です。また、内容や進行に関しても「普通の葬儀」とほとんど違いはありません

違いがない事に、なぜ「家族葬」という括りを付けるのか?この「家族葬」と「普通の葬儀」の違いはどこにあるのか。

その違いは、「葬儀に招く人の範囲」にあります。

「家族だけで」「身内だけで」葬儀をしたい=「家族葬」

「故人と所縁の人を招く」=「普通の葬儀」

違いといえば、こんなところです。

なぜ、「家族葬」はわかりにくい?

そもそも「家族葬」という言葉は作られた言葉で、「お葬式」に変わりはありません。「家族だけ」「身内だけ」のお葬式は、外からのお客様を招かないお葬式ですから、会場が小さくても営むことができ、「おもてなし」も身内の事だけですから、全体的に「小さなお葬式」にすることが出来ます。この「小さなお葬式」を葬儀社によりプラン化されたのが「家族葬」なのです。

現代においては核家族化が進み、この他人を巻き込まない「家族だけで執り行う葬儀」が「家族葬」として選ばれることが多くなったといえます。

また、「家族葬」は対外的に内容を見られる事がないため、葬儀の形式も自由に考えやすいところから、「一日葬」や「火葬式(直葬)」という「形式」で執り行う事も多くなり、同じように葬儀社によりプラン化されていきました。

一般の人を招く「普通の葬儀」においては、「しきたり」や「おもてなし」「ご挨拶」が重視されるため、形を変えた葬儀は選ばれにくく、一般的にイメージされる、通夜・葬儀を行う「二日間にわたるお葬式」になる事が多いですから、「一日葬」や「火葬式」などの様々なお葬式スタイルが選ばれているほとんどが現代において「家族葬」といえるでしょう。

「家族葬」の中身がイメージしにくいのはそういった点にありそうです。

「家族葬」と「普通の葬儀」の違いは、その利点にもある

「普通の葬儀」を「当たり前」「常識」の葬儀、「家族葬」をイレギュラーな形としてしまえば、「利点も何もない」ことになってしまいますが、これから葬儀をしていく事になる消費者の方は、「当たり前」とか「常識」といった考え方を取り外して考える事が出来れば、それぞれの利点が見えてきます。

 

・「家族葬」の利点

「家族葬」と聞くと「義理や必要以上の付き合いは避けて行いたい」「費用面の負担を抑えて経済的に行いたい」など、故人の事よりも遺族中心で「心無い印象」を持つ方もいるかもしれませんが、実際はそれだけではありません

結果的に、「家族葬」で葬儀をすれば、必要以上の人付き合いは避けられますし、費用面も負担が減ります。ただ、これを結果的な部分ととらえれば、「家族葬」は身内だけで葬儀を営み、「ゆっくり、お別れが出来る」「故人と向き合う時間がとれる」「心に整理がつけやすい」お別れに特化した葬儀とも言え、家族葬の利点といえます。

 

・普通の葬儀の利点

「やって当たり前」「常識の形」といってしまうと無理をする事になりかねません。広く告知をして「来てくれる人がどれくらいいるのか」「来たいと思ってくれる人がどれくらいか」を考えた時、「盛大にする」「家族葬の範囲にする」を決めるのが良いでしょう。対外的な主旨の葬儀をするのであれば、おのずと費用が掛かります。

「故人には故人だけの人生があり、その頑張り功績を称えたい」「故人や遺族の所縁の人たちにお別れと、今後のお付き合いを挨拶したい」「普通の葬儀」はそんな場を作り、お客様をお迎えする周りの方に心を配った葬儀が営めます。また故人の生涯を多くの方に記憶してもらえる葬儀といえます。

 

流れの違い

「家族葬」の「段取りや流れ」は「普通の葬儀」よりもやることが少ないといえます。ですが、式の内容や進行部分に違いはほとんど無く、段取りや、式の後の会食などに違いがあります。

「普通の葬儀」の場合は、実際に亡くなる前の危篤の状態から通夜までのあいだ、知人への連絡や挨拶、接待準備に追われますが、身内だけで行う「家族葬」では、連絡や挨拶は最小限で、追われることはありません。

また、「普通の葬儀」ではお客を迎えるための「受付」や「案内係」なども考えます。全てを葬儀社でしてくれることは少ないので、葬儀で席を外すことのできない遺族以外の人に頼む必要があります。「家族葬」では本格的な受付は特に用意しない事が多いです。

「普通の葬儀」では周りへの「ご挨拶」が重要な部分にあるので、通夜・葬儀のそれぞれで、食事や式の後の挨拶を行います。

「家族葬」では必ずしも葬儀をした場所で食事をとると言う訳ではありませんし、「挨拶」は「仰々しい・方っ苦しい」としない事が多いです。

この様に普通の葬儀では、お客様を迎えるためやることは多いですが、その分、お客様を迎える心「おもてなし」を伝え、故人を称える事に繋がり多くの方の記憶に残るお葬式になるでしょう。

逆に「家族葬」やることが少ない部分は全て、「故人の事を考える」時間に出来る、お別れに特化したお葬式が出来るでしょう。

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ