【葬儀の種類】お葬式の形式 それぞれの違いとは?

葬儀の種類

お葬式を執り行うことは、人生の中で何度もあるわけではありません。

そのため、聞きなれない名称やわからない専門用語などが多く、また間違って使われている言葉も多いのです。

お葬式といえば、お通夜、告別式、火葬という流れで行われるのが一般的でしたが、時代の変化ともに、さまざまな形式で行われるようになりました。

そのため「○○葬」とい名の付くお葬式が増えたのです。

それぞれ、いったい何がどう違うの?といった疑問にお答えします。

今回は「○○葬」と名の付く、それぞれのお葬式の特徴や違いをご紹介します。

そして「○○葬」というけど、実はお葬式ではないものもご紹介します。

「葬儀」と「お葬式」は同じ意味?

本題に入る前に、多くの人が疑問を抱える二つの言葉の意味をお伝えします。

人が亡くなった際に執り行う式を指す言葉として「葬儀」「お葬式」の二つの言葉が一般的に用いられます。

しかし「葬儀」と「お葬式」は果たして同じ意味なのでしょうか?

厳密には、意味合いが異なります。

葬儀とは

「葬儀」は宗教的な儀式のことを指します。

仏教や神道、キリスト教、その他の宗教で行われる故人を葬る一連の儀式を「葬儀」といいます。

例えば、仏式の「葬儀」はお坊さんの読経から始まり、故人の魂を鎮め、冥福を祈り、成仏させるといった一連の宗教儀礼のことを意味します。

出棺、火葬も「葬儀」の儀式となります。

本来「葬儀」には「告別式」は含まれない

告別式とは、故人に最後のお別れを告げる儀式です。

「葬儀」と聞くと「お通夜・告別式」を行うことだと想像しますが、

「葬儀」には「告別式」は含まれないのです。

「告別式」は、故人と親交の深い友人や職場関係の方、近所の付き合いのあった方などが、お焼香、玉串奉奠、ご祈祷、献花をもって故人との最後のお別れを行うものです。

本来は葬儀を行った後、日を改めて行われていました。

「葬儀」と「告別式」の総称が「お葬式」

現代では「葬儀」と「告別式」を同じ日に行う方式が一般的となり「葬儀」と「告別式」を執り行う式のことを総称として「お葬式」と呼ばれるようになりました。

昨今、一般的に行われているお葬式では「葬儀」と「告別式」の境がなくなっています。

あえて区別をつけるとすれば、お坊さんの読経から遺族の焼香までが「葬儀」にあたり、その後、一般会葬者によるお焼香からが「告別式」にあたるといえます。

「葬儀」と「告別式」が一緒になったお葬式プランが定着した現代では、厳密に違いを識別されることもなくなりつつあります。

時代背景の変化により、さまざまなお葬式の形が存在し、儀礼的な式を行わないお葬式を選ぶ方も年々増えています。

「葬儀」と「お葬式」を混同して使われているのも、こういった理由からなのかもしれません。

お通夜・告別式・火葬を執り行うお葬式

一般葬

お葬式と聞いて想像するのは、親戚や友人、会社の人が集まり、お通夜、告別式を経て火葬を行うという流れではないでしょうか?

お葬式のベーシックな形として「一般葬」「家族葬」があります。

それぞれの特徴をご紹介します。

一般葬とは

親族をはじめ、故人と生前に縁のあった友人や仕事関係社、近所の方々に参列していただき、宗教儀礼を中心に行うお葬式です。

家族葬との大きな違いは、葬儀に招く方の範囲です。

「家族葬」は名前の通り、基本的には親族のみで行われます。「一般葬」の場合には、親族以外の方もお招きします。

「一般葬」には、ご遺族と面識のない方が参列される場合があり、そうした方々への配慮を考えることから「一般葬」は「家族葬」に比べ「しきたり」や「おもてなし」が重視されます。

多くの参列席者が見込まれる場合には、葬儀前に看板や忌紙、駐車場の準備など行う要があります。

通夜ぶるまいや返礼品などの、参列者の数によって大きく変わるため、葬儀費用の総額は人数によって大きく左右されます。

「一般葬」の費用相場は、 およそ50~300万円と比較的高額になります。

「一般葬」のお通夜に参列される方の人数は事前に予想がつきにくいため、事前に用意する通夜ぶるまいの量を間違えると大きな出費になってしまうというケースも多々あります。

「一般葬」は、多くの人に見送ってもらい、豪華で華やかな式があげられます。また、参列者も多いため香典の収益も多いというメリットがあります。

一方で、参列者への対応に追われてゆっくりお別れできなかったり、料理・返礼品などの出費がかかり葬儀費用は比較的高額になるのも特徴です。

現在の日本では、年々平均寿命が延び、高齢化が進んでいます。

亡くなられる年齢には、まわりも高齢で参列できない状態であったり、すでに亡くなっているというケースもあり参列者は多くないというのが現状です。

喪主を務める息子も、すでに仕事をリタイアして年金暮らしをしているというケースも珍しくありません。

この様な時代背景と経済的な問題から「一般葬」は年々減少傾向にあります。

その一方で、年々増加傾向にあるのが、これから紹介する「家族葬」です。

家族葬とは

「家族葬」は、家族や親族など故人の身近な方々だけでお別れする葬儀です。

自宅で執り行う場合もあれば、斎場で執り行なわれる場合もあります。

「家族葬」には「これをしなければならない」といった明確な定義があるわけではなく、家族や親しい友人などの少人数で執り行うお葬式の総称として用いられています。

「家族葬」は一般葬の小型版とも考えられていて、10名から多くても50名程度で行われます。

基本的な式の流れは「一般葬」とほぼ変わりはありませんが、身内だけで行うため、故人の意向や、それぞれの想いを反映して式を作れるというのが特長です。

参列者への通夜ぶるまいや返礼品、お礼状を用意する必要もないため「一般葬」に比べ葬儀費用を抑えられます。

「家族葬」の費用相場は、 およそ40~60万円です。一般葬に比べ安価に葬儀を執り行うことができます。

核家族化が進行したことや経済的事情から、葬儀という形式においても「義理や必要以上の付き合いは避けて行いたい」「費用面の負担を抑えて経済的に行いたい」という消費者の声が多くありました。

その声を葬儀社がくみ取り「低価格化」「内容と料金の明朗化」に取り組んでプラン化されたのが「家族葬」なのです。

「費用を抑えて、自由な形で故人とお別れすることができる」という点が「家族葬」の選ばれる理由なのです。

時代にあわせた新しい葬儀

都市化や経済成長とともに、大家族世帯が徐々に減少し核家族化が進行した背景に加え、高齢化社会による時代背景から、お葬式の形もお通夜、告別式、火葬という一連の流れを行わない簡素化された葬儀形式も主流になりつつあります。

お通夜を行わない「一日葬」や、火葬のをみ執り行う「火葬式」どちらも現代のニーズにあわせたお葬式のスタイルだといえます。それぞれの特徴をご紹介します。

一日葬とは

お通夜を行わず、火葬の当日に親しい方々をお招きして「告別式」のみを行う形式を「一日葬」といいます。

火葬のみの「火葬式」では、故人とゆっくりお別れする時間がないため「一日葬」を選ぶ方もいらっしゃいます。

大がかりな準備を必要とせず、ご家族はゆっくりとお別れの時間をとることができます。

「一日葬」は近年葬儀社によって提案された従来の葬儀形式にとらわれない、新しいお葬式です。

そのため、厳密に「これをやらなければいけない」といった決まりごとはありません。

しかし、ほとんどの場合「お通夜」を省いて、告別式と火葬のみを執り行うという形式が取られています。

お葬式へ参列される方のほどんどがはお通夜への参列されるため、お通夜をメインとした「一日葬」の形式もあります。

一般会葬者を招かずに「家族葬」のようにご家族、親戚のみで執り行われる場合もあります。

1日だけなので、お葬式を執り行う遺族の身体的、精神的、経済的な負担も軽減され、参列者へおもてなしする料理や返礼品の費用も軽減されます。

遠方から参列する方の宿泊代や交通費といった負担も軽減されます。

日数を2日から1日にするので、大幅な葬儀費用が安くなると考えるかもしれませんが、実際は飲食などの接待費用が軽減される程度で、大幅に安くなるわけではないのです。

式場を借りる場合には1日だけ借りればよいと考えてしまいますが、実際には、前日から準備をすることになりますので、結局2日間借りることになるのです。

宗教者に対するお布施も1日になったから半分になるというわけにもいきません。お布施は時給や日給とは異なるのです。

仏式の場合、お通夜、葬儀、告別式と一連の流れがあることに本儀がありるため、菩提寺がある方は「一日葬」へ対する理解をえることが難しい場合もあります。

「火葬式では寂しいが、2日間では時間と経済的な負担が大きい」と感じる方にはよいプランといえます。

単に、葬儀費用を安くしたいだけで「一日葬」を選ぼうとしているのであれば、大きな負担軽減は見込めません。

そういった場合には「火葬式」を検討してみてはいかがでしょうか?

火葬式・直葬・荼毘葬(だびそう)とは

「火葬式」とは、お通夜、告別式などの儀式は執り行わず、遺族または親しい方のみで火葬場へ行き火葬のみを行い故人を送る、最もシンプルな葬儀です。

「直葬」や「荼毘葬(だびそう)」とも呼ばれています。

祭壇を飾らず、会葬者を招かないため、儀式で生じる費用や会葬者への接待費用が軽減できる最も経済的な葬儀です。

火葬式を選択する場合でも「遺体の安置場所」は事前に考えておく必要があります。

法律上、死後24時間以上経たなければ、火葬することはできません。

最短でも翌日以降となります。火葬場も混み合っていることが多く、空きがない場合には、数日待つことになります。

その間、遺体をどこかに保管しなければならないのです。

病院で亡くなられた場合は、翌日以降の安置は基本対応してくれません。

その場合には、自宅や安置施設に搬送する必要があります。事前に、葬儀社に相談しておくとよいでしょう。

お付き合いのある菩提寺がある場合はお寺との関係も考えておいたほうがよいでしょう。

葬儀、告別式は行わないが、最後にお経をあげてほしいという場合は、僧侶に火葬場まで来ていただき、火葬炉の前でお別れの読経をしてもらうこともできます。

しかし、一日葬と同様に葬儀を行わないことに理解をえられにくい場合もあります。

納骨やその後の供養に支障をきたす可能性もありますので、事前に葬儀社とお寺に相談されたほうがよいでしょう。

「故人らしさ」を尊重した自由な葬儀

自由葬

日本の葬儀の90%が仏式といわれていますが、現代的思想による宗教感の薄れもあり、宗教的儀礼にとらわれないやり方でお葬式を行うケースも増加傾向にあります。

「無宗教葬」や音楽に特化した「音楽葬」などがあります。

どちらも、故人の希望や親族の意向が反映しやすいのが特徴です。

無宗教葬・自由葬とは

無宗教の葬儀は、特定の宗教の概念や思想、決まった儀礼方式や伝統的な作法では行わず、自由な形式で故人とお別れをする葬儀です。

自由な形式で行われることから「自由葬」とも呼ばれています。

宗教者を呼ばないため、僧侶の読経や戒名をいただくこともありません。

代わりに故人が好きだった音楽を流しながら、献花で故人をお見送りするという形式をとられる場合もあります。

スライドを見ながら故人との思い出を語ったり、故人の好きな音楽を演奏や合唱したりと、お別れの会に近いような形式をとることもできます。

自由な形式をとれる一方、内容に決まりがないため、どのような葬儀にすればいいのか、 どれくらいの費用がかかるのかなど、逆に大きな負担になってしまうこともあります。

また、葬儀だけでなく供養方法や法要、お墓などについても、今後どのようにするのかを事前に考えておく必要があります。

「無宗教葬」の場合、供養方法については決まりがあるわけではないため、納骨や四十九日などの供養も自由な形で行うことができます。

霊園や墓地に納骨するほか、海洋散骨や樹木葬など自然にかえる形を選ぶ方も増えています。

「無宗教葬」の葬儀費用は、葬儀内容は人によって大きく異なるため、費用相場というものはありません。

ただし、宗教者に支払う謝礼を必要としない分、費用を抑えることができるでしょう。

故人の希望がある方や、一般的な葬儀の代わりとなる明確なプランがある方には向いています。

音楽葬とは

近年では、故人の個性や希望を尊重して、さまざまな形式で葬儀を行うようになりました。

「音楽葬」は無宗教葬(自由葬)の中で、音楽と共に故人を送りたいという想いから生まれた音楽に特化した葬儀形式です。

「音楽葬」と言って決まった形式があるわけではありません。

葬儀の間が故人が好きだった曲を流すという形式もあれば、演奏者をお呼びして生演奏を行ったり、故人が演奏者であった場合には、故人の作った曲をを聞くというような形式もあります。

また、故人が合唱団やオーケストラ、バンドなどに属していた場合は、その仲間による演奏が行われるというケースもあります。

生演奏を行う場合は、音量や演奏のスペースなどの問題があるため、行える斎場も限られてしまいます。

「音楽葬」を行いたい場合には、事前に葬儀社へ相談することをおすすめします。

規模の大きな葬儀

企業規模で執り行われるものや、有名人・著名人などの葬儀には多くの参列者が訪れます。

参列者の人数が増えることにより葬儀の規模も大きくなるのです。

規模が大きくなることにより、執り行い方や意義も一般家庭で行われる葬儀とはことなります。

密葬とは

「密葬」は、遺族や親しい間柄の方のみで執り行う小規模なお葬式のことをいいます。

そのことから、家族のみで行われる「家族葬」と混同して使われることがありますが、厳密には明確な違いがあります。

「密葬」と「家族葬」はそれぞれ少数規模のお葬式という点では共通していますが、「密葬」は火葬の後、社葬など後日改めて「本葬」を執り行うことが前提となります。

有名人や著名人などが亡くなった際には、関係者や知人など大勢の来弔者が訪れ、葬儀は大規模になり準備も大がかりになります。

そのような場合に、大規模な葬儀である「本葬」までの間に、遺族や親しい間柄の方のみで行われる小規模な式のことを「密葬」と呼ぶのです。

社葬・合同葬とは

「社葬」とは、会社に対して大きな貢献をした故人に対して企業が執り行うお葬式です。

故人を供養する儀式であるのはもちろんですが、企業がその存在意義を社会的に認めさせる広報活動という意味合いもあるといわれています。

葬儀運営の主体は企業にあり、企業の経費で葬儀が執り行われます。

主に企業の創設者や取締役、重役が亡くなった場合などに企業主体で執り行われます。

一般的な家庭で行われる葬儀では、葬儀主催者である「喪主」と、費用負担・運営責任者である「施主」が同一人物で行われることが大半です。

しかし「社葬」の場合には、喪主を遺族の「代表者」が務め、施主は「企業」となります。

また、葬儀委員長を立てるのも特徴で、基本的には企業の代表者が務めることになります。

また、故人が生前勤めていた企業と遺族が合同で行う「合同葬」も広い意味での「社葬」に含まれる葬式の形式です。

「社葬」は、故人の供養する儀式だけでなく、企業そのものを最大限アピールする場ともいえるのです。

「樹木葬」「宇宙葬」はお葬式ではなく埋葬方法

樹木葬

葬儀ではありませんが、○○葬と名の付く埋葬方法があります。

こちらも、葬儀同様に時代ともに変化し、墓石を必要としない埋葬方法が注目されています。

その背景には、お墓を維持するのには負担が大きいと考える方や、お墓を継ぐ人がいないといった無縁仏になることを懸念する傾向にあることが考えられます。

お墓に入るより「自然に還る」埋葬方法を選ぶ方は年々増加傾向にあるようです。

樹木葬とは

「樹木葬」は、墓石ではなく遺骨の周辺にある「樹木」を墓標(埋葬場所の目印)とする埋葬方法です。

遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を一本、一本植えていくケースや、墓地の中央に主体となる樹木を植え、その周辺区画に遺骨を埋葬するケースなどがあります。

「樹木葬」は、墓地として認可されている敷地内でのみ行えるもので、好きな場所に埋葬してよいわけではありません。

自身の手で近くの山などへ埋葬するのは法律違反となりますのでご注意ください。

「樹木葬」には「個別で埋葬する方法」と「複数の遺骨を同じ区画に埋葬する方法」があります。

それぞれに一本の樹木を植える「個別で埋葬する方法」の場合はスペースの問題もあるため、対応している霊園・墓地は限られてしまいます。

「樹木葬」の費用相場20~70万円といわれています。

埋葬場所によって違いはあるかと思いますが、一般的には墓石を利用する埋葬方法よりも安くなるといわれています。

「樹木葬」墓地を継承する必要がなく、永代供養と同じように樹木の手入れや墓地の清掃などは、管理する霊園や寺院によって行われます。

遺族への負担は少なく、子どものいない夫婦や単身者など、お墓を継いでくれる人がいないという場合でも埋葬後の心配がありません。

宇宙葬とは

遺灰の一部を人工衛星に乗せて打ち上げるといった埋葬方法です。

海外ではすでに数年前から行われ、注目されています。

日本でも少しずつメディアに取り上げられるようになり、認知され始めました。

基本的には一人ではなく、10名~100名程度の希望者を募り、同時に打ち上げることになります。

人工衛星は10センチ四方の小型衛星で、これに遺灰が入っているカプセルを乗せて打ち上げます。

打ち上げられた人工衛星は地球の周回軌道を回り、数カ月から長くて数年かけて地球に再突入し最終的には燃え尽きるといいます。

これまでの利用された方は、少なくとも100人以上はいるといわれ、そのほとんどはアメリカで行われてたものです。

最近では日本でも希望者の募集が行われています。

費用は20~300万円の間で、さまざまなプランがあります。興味がある方は「宇宙葬」調べて見るとよいでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「○○葬」と名の付くお葬式のそれぞれの違いをご紹介しました。

お葬式を検討する際に、ぜひ参考にしてください。

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ