家族葬のマナー~香典、供物、供花について~

家族葬マナー

香典は相互扶助が目的

もともと香典というのは、霊前に供える香の代金です。昔は香を持参していたのが、喪家側で用意するようになったため、その代金として現金を包んで持参し、霊前に供えるようになりました。

現在では不時の出費に対する相互扶助の意味合いが強くなり「現金」を包むことが一般的になっています。

香典はお通夜か告別式に持参

香典を持参するタイミングは、お通夜、葬儀、告別式のいずれでも構いません。ただし、死亡直後の弔問の時は避けます

これはまだ取り込んでいて紛失の恐れがあるのとと、前もって用意していたような印象を与えかねないためです。

お通夜に出席するならその時に持参できますし、お通夜の出席が無理であれば、告別式に持参すればよいでしょう。

持参する時は金包みが汚れないように、ふくさか地味なフロシキに包みます。渡す時にふくさやフロシキをとり、金包みだけにします。

お通夜、告別式共に出向けない時は現金書留にし、出向けない理由とご冥福をお祈りする旨の手紙を添えてお送りするのがマナーです。

このときも弔事用の金包みに入れてから、現金封筒に入れます。銀行へ振り込むというようなやり方は、香典の趣旨にそぐわないのでやめましょう。

家族葬の香典金額は相談して決める

香典は受付などの第三者が預かることが多いので氏名だけでなく、住所も書く方が良いでしょう。

香典袋の書き方や香典の相場、包み方、渡し方について詳しくは下記の記事を参考にしてください。

参考記事:突然の訃報にも慌てない!正しい香典マナー【おとなの基礎知識】

香典金額については、知人、友人、近所の場合は、先方が恐縮されない程度という事を目安に。

何人かでまとめるという場合は、無理に5千円、1万円という風にする必要はありません。

家族葬の場合、兄弟、姉妹などの身内では「葬儀費用の分担」という意味で、みんなで相談して金額を決めるのが良いでしょう。

家族葬での供花、供物について

葬儀では、たとえ参列できなくても供花や供物を葬儀場に送る事ができます。

この生花や花輪、供物は、本来、香典と同じ意味のものです。いずれも故人の冥福を祈るために捧げるものです。

花や供物はそのものを捧げ、香典はかわりにその代金を持参するということなので、供花や供物を捧げれば、それで冥福を祈る心は遺族に通じます。

したがって、花などの供え物の他に香典を包むのは、二重になるので無理に用意する必要はありません。しかし、贈るのは自由です。

ただし、参列をされるのであれば、家族葬という趣旨の葬儀においては遺族を助ける意味でも「香典」をお持ちした方が良いでしょう。

家族葬に招かれるお客様は、ごく近親者と本当に親しい方のみといった場合がほとんどです。

参列する人数が少ない分、葬儀にかかる費用のほとんどを遺族が負担しているからです。

故人とつながりの深い人が集う家族葬では「生花」と「香典」の両方か「香典のみ」を送る事が多いのです。

生花や供物を送る際は、花の種類や並べる都合がありますので事前に喪家か施行する葬儀社に連絡をしてからにしましょう。

また、申し込みは祭壇の飾りつけに間に合うように、前日には葬儀社に申し込みを済ませておきましょう。

あわせてご覧ください

家族葬のマナー~葬儀、告別式に出席する場合~

家族葬のマナー~お通夜に出席する場合~

家族葬のマナー~他家に不幸があった場合~

家族葬のマナー~服装と持ち物~

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ