家族葬のマナー~葬儀、告別式に出席する場合~

 

家族葬マナー

前回に引き続き、もし家族葬に招かれたらという場合で、家族葬マナーを紹介します。

今回は葬儀・告別式 編です。

 

葬儀と告別式

葬儀が死者を葬る儀式で、遺族、近親者や特に親しかった知人、友人で行われるのに対し、告別式は故人にゆかりの人々が別れを告げる儀式を言います。

ですが家族葬においては、本当に近い家族や知人、友人だけで行われることが多いので葬儀・告別式を分ける考え方はしなくてもよさそうです。

家族葬に参列する際は、なるべく定刻前に式場に到着することを心掛けて、少しでも家族がお別れに集中できるように配慮することが大事です。

 

葬儀、告別式でのマナー

コート、ショール、帽子、手袋などは受付に着くまでに脱ぎましょう。

なるべく大荷物にならないように準備を心掛け、どうしてもの時は受付、もしくは預り所の方にお預けする相談をしましょう。

受付では簡単に挨拶し、香典を指し出し改葬芳名帳に記帳します。お通夜で、すでに香典を出している場合は記帳だけをすませます

 

出棺の見送り

出棺前の最後のお別れが終わると、火葬場への出棺となります。時間に余裕がなければ、焼香を終えた時点で、すぐ帰ってしまっても構いませんが、可能であれば出棺は見送るようにしましょう。

家族葬の場合、火葬場へ向かうのはほとんどが親族のみです。家族葬に招かれた一般の立場の方たちは、出棺のお見送りまでとお考えだと思いますが。もし「火葬場までお供したい」というお気持ちがおありのようなら、前もって遺族に申し出たほうが良いでしょう。喪家は火葬場以降も参加されている方と「精進落とし」の宴をする事が多いので、この人数にかかわってきます。突然、参加されてしまうと先方に迷惑が掛かることもあります。

逆にそのつもりがなくて依頼された場合は出来るだけ遺族の申し出に添うようにしたいものです。しかし、どうしても時間がなくて断らなければならない時は、簡単に事情を述べて丁寧に断りましょう。

 

弔電について

事情がある場合は無理に参列をせずに弔電を打つのも一つです。

この時、あて名は喪主差出人はフルネームで打つのが礼儀です。

電話かインターネットでも申し込みが出来ます。配達日、午前・午後の指定が出来ます。

通夜日に到着するように指定するとよいでしょう

 

精進落としに参加したら

葬儀は終わっても、遺族は深い悲しみの中にいます

お酒に酔ったり、声高の会話などは慎むのが礼儀です。

また、遺族、親族は皆さん疲れています

喪主の挨拶があってお開きになったら静かに立って遺族に挨拶をし、辞去します。

 

あわせてご覧ください

家族葬のマナー~お通夜に出席する場合~

家族葬のマナー~他家に不幸があった場合~

家族葬のマナー~服装と持ち物~

家族葬のマナー~香典、供物、供花について~

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ