家族葬のマナー~お通夜に参列する場合~

家族葬マナー

家族葬は一般的に家族だけで行う葬儀の認識です。ですが、もし家族葬の名目で行う葬儀に招かれた時にはマナーが必要かと思いますので、一般的な葬儀のマナーに付け加える形でご紹介いたします。

お通夜だけの出席でもよい

本来のお通夜は、死者と家族が最後の一夜をともに過ごすものでした。

現在は、すでに納棺し、家族だけでなく親族、知人、友人が集まって故人を偲び、別れを惜しむ場として一般的になっています。

今では夜通し行うお通夜とは形は変わり、仕事終わりで来れる時間帯、ごご6時から9時までくらいが一般的です。

何かと忙しい暮らしの現代では、必ずしもお通夜と葬儀の両方に出席できるとは限りません。一方に出席すれば礼は尽くされると考えられます。お通夜は夜に行われるので、都合もつけやすく、忙しい方はお通夜に出席するのが良いでしょう。

ただし、告別式の案内しか来ていないのに通夜にまで駆けつけるのはマナー違反になる場合がありますので避けましょう。

お通夜に香典を持参する時

受付があれば名刺を出すか芳名帳に署名してお悔やみの挨拶をし、香典を差し出します。受付がなければ、遺族へお悔やみを述べ、霊前にお参りをして、香典は祭壇にお供えします。

香典のマナーについては下記の記事を参考にしてください。

参考記事:突然の訃報にも慌てない!正しい香典マナー【おとなの基礎知識】

お通夜でのマナー

開始時間を確かめ、なるべく僧侶の読経が始まる前に出向きましょう。

僧侶の読経が始まり開式すると、程なく焼香をします。焼香は順に案内されるのでそれに従います。

なお、最近では自宅よりも会館や式場、斎場で行われる葬儀が多く、焼香台で焼香した後、そのまま退席するケースが多いです。葬儀社が案内をしてくれますのでそれに従います。

通夜ぶるまい

お通夜の後に遺族が参列者に軽い飲食をお勧めする場の事を言います。

家族葬の場合、無い事も多いですが、勧められたら一口でも箸をつけるのがマナーです。とはいえお酒を沢山飲んだり、長話をするものではありません。あまり遅くならないうちに辞去します。帰りがけには周囲に「お先に失礼します」と一声をかけ、静かに退席を。

お悔やみの言葉について

遺族へのお悔やみの言葉は、誰にとっても難しいものです。真心を込めて、ことば数は少なくても自分の気持ちを素直にお伝えしましょう。声の調子は低くするように気を付けます。

また、時間を取らせてはいけないという場合には、手短に「悲しいお知らせで、お慰めの言葉ことばもありません」というように述べます。

注意するべきことは、不幸が続くことを避けるという意味から、重なる言葉は「忌み言葉」とされています。

「たびたび」「かえすがえす」「重々」「かさねがさね」「再三」「追って」「またまた」など、どれもうっかり使いそうな言葉ばかりですが、注意しましょう。

あわせてご覧ください

家族葬のマナー~葬儀、告別式に出席する場合~

家族葬のマナー~他家に不幸があった場合~

家族葬のマナー~服装と持ち物~

家族葬のマナー~香典、供物、供花について~

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ