家族葬のマナー~他家に不幸があった場合~

家族葬マナー

危篤の知らせを受けた時

危篤を知らせるのは、血縁か特に親しい間柄の場合だけですから、直接知らせを受けたら、すぐに駆けつけます。

知らせを受けた人から間接的な連絡によって知った場合は、自身の立場を考えて処し方の判断の目安にします。

この段階では、一刻も早く会いたい、快方に向かってほしいと思うのが人情ですから、ふだん着で駆けつけます。血縁の方で向かう場所が遠い場合なら、それと分からぬ程度で、喪服や香典を用意していきます。

 

臨終に立ち会った場合

危篤の知らせを受けて駆けつけた後、臨終に立ち会う事になってしまったら、故人との関係、自身の立場を考えてご家族のじゃまにならないようにしましょう。

以前であれば、血縁よりも一番身近にいた人、めんどうを見た人の立場を尊重していた節がありますが、やはりこの場は、例え他家に嫁いだ娘様であっても血縁を優先してあげて欲しいものです。

 

訃報を受けたら

近親者や親戚は、知らせを受けたら、すぐ駆けつけて、お悔やみを述べます。服装はこの段階では地味なものなら、何でも構いません。

遺族の状況を伺って、配慮しながら、余裕をもって出かけましょう。

友人、知人の場合は故人との親しさの度合いもあると思いますが、特に親しくしていた友人や仕事上密接な関係にあった人は、すぐに駆けつけたいお気持ちを伝えたうえで、強引な態度にならないよう、遺族の状況に配慮して伺うかを判断しましょう。

 

お手伝いを頼まれたら

可能な限り、快くお引き受けください。

家族葬で多いお手伝いの係りは

受付・会計係

駐車場係り

案内係り

どの係りも、立場は喪家側となります。礼装で誠意をもって対応しましょう。

もし、こうした「世話役」になれていたとしても勝手な行動はせずに、喪主の意向を聞くか、状況的に無理なら、喪主の意向を知っている葬儀社の指示に従いましょう。

 

あわせてご覧ください

家族葬のマナー~葬儀、告別式に出席する場合~

家族葬のマナー~お通夜に出席する場合~

家族葬のマナー~服装と持ち物~

家族葬のマナー~香典、供物、供花について~

 

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ