家族葬のマナー~服装と持ち物~

男性の服装

通夜には

喪主はブラックスーツを着用

それ以外の方は、まだ準備が整っていないという事であれば、地味な色調の背広に黒いネクタイを用いるような形でも大丈夫です。

葬儀には

喪主の正式礼装はモーニングコートと言われていますが、家族葬では略礼装と言われているブラックスーツが一般的です。

ワイシャツは白ネクタイは黒無地靴は黒でフォーマルなもの。

縞のスーツを着る場合は出来れば細い、地味なものが良いでしょう。

親族や親しい知人の場合も、ブラックスーツを着用します。

和装の場合は、袴は細い縞の物を。足袋などを含め小物は黒で統一。扇子は持たない。

 

女性の服装

通夜には

黒または地味な色調の、デザインのワンピースかツーピースで。

和装の場合は、地味な縞か無地感覚の着物に、黒の帯小物一式を黒にします。

 

葬儀には

葬儀において、喪主や親族の場合には、和装の黒喪服が正式と言われていますが、家族葬ではフォーマルな洋服が一般的です。

女性の洋服の場合は、黒のアンサンブルかワンピース、またはスーツが良いでしょう。

アンサンブルは下のワンピースを七分丈など長めの袖に。すそ丈もやや長めにするのがマナー。上着はあまり流行にとらわれない、ゆったりとしたデザインにしておくのが賢明です。ツーピースにブラウスを組み合わせる場合は、つやのある素材を避けます。いずれも靴は低めの黒のパンプスで。

夏服の素材は、透けるものを避け、袖は長袖か長めの半袖に。アンサンブルの下のワンピースを半袖にし、上着を長袖にしておくのが良いでしょう。

和装の場合は、黒喪服を。基本的に、喪服のときに使う色は白と黒の2色のみ小物類も全て黒に。

 

学生・子供の服装

通夜、葬儀ともに

男女とも中・高生の場合は制服を着用します。靴下は白でも黒でもよく、清潔なものを用います。制服の場合は、例えばネクタイやリボンなどが赤系であっても差し支えありません

小学生や幼稚園のお子さんで制服のない場合は、派手な色、遊び着風なものは避け、平常の外出着が良いでしょう。髪をリボンでまとめている場合は、黒にするくらいの配慮は必要です。

 

持ち物・アクセサリー

バッグ

黒無地でシンプルなデザイン、光沢のない小型の布製の物が正式ですが家族葬においては同様の革製なものも一般的です。派手な飾りや、は虫類は避けます。

アクセサリー

結婚指輪以外はつけないのが正式です。アクセサリーは身を飾るものですから、悲しみの場につけてゆくことは、身を飾ってゆくという意味で、死者には勿論、遺族に対しても思いやりに欠ける事になります。つけるなら光沢のないブラックオニキスのネックレスや、控えめなパールのものに。

ハンカチ

色物は避け、白無地やフォーマル用の黒を。

靴下

男性は黒の靴下を。女性は、黒かナチュラルカラーのストッキングを。タイツは避けましょう。

メイクとヘアは

ロングヘアの場合はまとめ髪にするのが基本です。髪飾りなどは避け、どうしてもの場合は光沢がなく、華美でない黒のバレッタなどに。短い髪の方も、あまりアレンジはせずに、シンプルにまとめます。

メイクは、色を使わないメイクが基本。やつれて見えるノーメイクは避けて、黒のアイラインを引きマスカラをナチュラルにつけるぐらいにとどめるのがベターです。チークなどの色味も抑えめにしましょう。ラメの入ったアイカラーなどは避け、マニキュアも落とすようにします。

 

あわせてご覧ください

家族葬のマナー~葬儀、告別式に出席する場合~

家族葬のマナー~通夜に出席する場合~

家族葬のマナー~他家に不幸があった場合~

家族葬のマナー~香典、供物、供花について~

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ