火葬式と家族葬について

火葬式を選ばれる方の中には、知人は呼ばず家族のみで葬儀を行いたいという方もいらっしゃいます。
火葬式で小さな葬儀を行う場合、故人の知り合いの方として、参列をしたい、お別れをしたいと思われるかと思いますが、家族葬で済ませたい場合もありますので、まず喪主様にご相談をすることをオススメします。

家族葬と同じで、遺族から参列のお願いがある場合以外は、配慮した方が必要になります。

香典を送る場合は、遺族や故人の意図を尊重するようにしてください。
参列を断られたのでせめて香典だけでもお送りしたいと思われる方もいらっしゃるかと思います。
香典は郵送でお私することが普通ですが、家族葬の場合には遺族にとって香典が逆に迷惑となる可能性があります。

家族葬を行う理由の一つに、故人の最期の時を弔問客の応対や事務的な作業に追われる事無く静かに過ごしたいという物があります。
香典をお断りしている場合は、遺族の気持ちを汲んでお送りしない事をオススメします。

また、香典自体が明示されていない場合も香典はお送りしないほうが良いです。
香典を送った場合、遺族の方が香典返しを用意する必要が出てきます。ゆっくり過ごせるように家族葬を選択されている事が多い為、遺族の気持ちを尊重する形になります。

遺族の方が落ち着いた後であれば、遺族の方の自宅に弔問し、焼香をあげて弔意を伝えるようにしましょう。
ただ、遺族の方の負担は第一に考えるようにしてあげてください。

訃報が知れ渡った後、個別に弔問に訪れるかたが多い為、対応で大変多忙になります。
弔問の必要性について考え、弔問を行わない場合はお悔みのお手紙を出しましょう。
その際は訃報を知らずにいたことへのお詫びと理由を簡潔に書く形になります。
 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ