訃報を受けたら

故人との関係により対応は変わってきます。
親族などでない限り、亡くなった直後の弔問は避け、通夜から参列されるのが一般的です。
また、どうしてもご本人が参列できないケースは、代理人を立てる、それが、難しい場合は弔電を出すようにしましょう。

故人の親族や親しい間柄であった場合は、なるべく早く駆けつけます。
もし、人手が足りないような場合は、弔意をこめてお手伝いを申し出てください。
人手が足りているようなケースでは、無理に手伝わなくても結構です。長居をされないように気をつけましょう。

故人との対面について
故人と対面したいと思われても自ら申し出るようなことは避けてください。
遺族から申し出のあった場合のみ対面してください。
もし、対面がつらいという場合は、丁重にお断りしてもやむを得ないでしょう。

遺族が白布をとったら、しばらく対面し合掌してください。
対面が終わったら遺族に礼をされて下がってください。

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ