初めて葬儀を執り行う方へ『訃報連絡』の基礎知識と文例

訃報伝え方

身内が亡くなった際に、一番最初にやるべきことは、親戚や友人、務めていた会社へ死亡したことを知らせることです。

お葬式を執り行うのは初めてで知識もなく、ましてや大切な方をなくされて、気が動転してしまうでしょう。

誰になんて伝えるべきか?知らせる順番は?と悩むことも多いかと思います。

お葬式を初めて執り行う方のために、訃報を伝える順番から、どのような内容で伝えればよいのか詳しくご説明します。

訃報(ふほう)とは

訃報(ふほう)とは「人が亡くなったことのお知らせ」です。

主に電話やメール、はがきなどで伝えます。

お伝えする人は親族に始まり、故人の友人、家族の友人、会社関係者、ご近所などです。

亡ったことを知らせるとともに、お通夜や葬儀、告別式の日程を伝える役目もあります。

訃報連絡する順番とタイミング

身内が亡くなった後、亡くなった事実を知らせる必要があるのですが、どの時点で誰に知らせるべきかということで悩まれるでしょう。

訃報のタイミングは「亡くなってすぐ」と「葬儀の日程が決まった後」の2度あると考えます。

それぞれお伝えする方も異なります。

亡くなってすぐに連絡をする人

  • 親族(三親等まで)
  • ご自身の勤務先

亡くなったあと病院や施設から、自宅または安置場に安置された後、すぐに死亡したことを知らせしなければなりません。

誰にどのような順番で訃報連絡をするのかをご説明します。

親族

当然のことながら、親族に一番最初にお伝えしてください。

一般的には、三親等までが知らせる範囲といわれています。

その範囲外であっても故人と縁が深威のであれば知らせするべきでしょう。

取り急ぎ、亡くなったという事実だけを伝え、 お通夜、葬儀などの詳しいことについては、あらためて連絡するとお伝えしましょう。

ご自身の勤務先

お葬式を執り行う喪主となりますので、数日間、忌引きが必要になることが考えられます。ご自身の勤務先へも事前に連絡しましょう。

親族同様、取り急ぎ、身内が亡くなったという事実だけを伝え、 お通夜、葬儀などの詳しいことについては、あらためて連絡するとお伝えしましょう。

場合によっては、会社内の社内報や社内連絡などで訃報の連絡を行う場合もあります。

総務や人事課に知らせるためにも、ご自身の勤務先へも事前にお伝えしておきましょう。

葬儀の日程が決まった後にお伝えする人

  • 故人の友人、会社関係者
  • 遺族の友人、会社関係者
  • 自治会・区町内会

葬儀屋との打ち合わせも終わり、葬儀の日程が決まった後に連絡をします。

この時には、亡くなったことをお伝えするとともに、お通夜・葬儀への参列をお願いする内容も含めてご連絡します。

故人の友人、会社関係者

故人の友人、会社の上司や同僚などにお知らせします。

しかし、なかなか友人関係や会社関係者のつながりを、すべて把握することは困難です。

また、一人ひとりにすべての人に電話をすることも大変なことです。

そのため、一番親交の深い人に協力をお願いするとよいでしょう。

まず、連絡の取りやすい人に電話で訃報を伝え、その方から共通の友人関係、会社関係の方へと連絡をとってもらうようお願いしてみましょう。

身内の方を亡くして、大変な時だということは誰もが察していますので、快く協力してもらえるはずです。

遺族の友人、会社関係者

遺族の友人、会社の上司や同僚などにお知らせします。

交友関係が深い、参列されることが予想される方へご連絡しましょう。

自治会・区町内会

最後に近隣の方や町内会にお知らせします。

まず自治会、区町内会の責任者の方にお電話で訃報を伝えてください。

あとは、責任者の方が連絡網または回覧板などで近所の方々へ伝えてくれます。

 

これら紹介した方々以外にも故人と生前縁の深かった方などいましたらお知らせください。

時間的な余裕がある場合は、あらかじめ連絡リストのようなもの作られておくとスムーズかと思います。

訃報を連絡は電話でするのが基本

メールやLINEなど、最近では、すぐに連絡ができる手段があります。

しかし、訃報をお伝えする場合に使用するのは不適切です。

親しい間柄の相手にとっては、失礼という感覚はないのかもしれませんが、メールやLINEは、込み入ったことをお伝えする場合には正式な方法ではありません。

訃報連絡は、電話でお伝えするのが基本です。

特に、親族、親しい友人関係や菩提寺には、きちんと電話で伝えましょう。

メールでのお知らせは、人数が多い会社内での一斉連絡の場合だけにとどめておきましょう。

訃報に必要な内容

途方をお伝えする内容は主に5つです。

  1. 誰が亡くなったのか
  2. お通夜、葬儀・告別式の日時
  3. 葬儀の形式(仏式・神式・キリスト教式・無宗教式)
  4. 葬儀を行う場所(自宅・斎場・火葬場)
  5. 喪主の氏名・連絡先

上記の5つに加え、香典を辞退する場合なども、この時にお伝えしましょう。

喪主の氏名と亡くられた方との続柄は、聞き忘れてしまいがちですが、弔電を送る際には故人との続柄を把握しておく必要があるので忘れないようにしましょう。

会社で社内に訃報を伝える場合

社内報、一斉メールを使って会社内に連絡する場合には、少し内容が変わります。

  1. 誰が、いつ、何歳で亡くなったのか
  2. お悔やみの言葉を添える
  3. お通夜、葬儀・告別式の日時
  4. 葬儀の形式(仏式・神式・キリスト教式・無宗教式)
  5. 葬儀を行う場所・地図(自宅・斎場・火葬場)
  6. 喪主の氏名・連絡先

また、亡くられた方が社員のご家族の場合には、その方との続柄を記載することが必要になります。

続柄を記載する場合には「敬称」と呼ばれる特別な呼び方を用います。

続柄の特別な呼び方

弔事の場面では、喪主と故人との間柄を述べる時には、亡くなった方へ敬意を表す「敬称」を用います。

主な続柄の敬称は以下のとおりです。

祖父 ご祖父様・祖父君
祖母 ご祖母様・祖母君
ご尊父様
ご母堂様
ご令室様
ご令兄
ご令弟
ご令姉
ご令妹
息子 ご令息様・ご子息様
ご令嬢様・ご息女様

家族葬を行う場合の訃報

葬儀を家族、親族のみので執り行う家族葬の場合には、その旨も必ず伝えましょう。

故人が亡くなったことの事実を簡潔に伝え、葬儀は、身内のみの家族葬で行うことを伝えましょう。

香典を辞退する場合や弔問を辞退する場合には、この時点でお伝えしてください。

この時点で伝えておかないと、香典返しの用意がないのにも関わらず、弔問客が訪れてしまう場合もあるので、家族葬の場合は、その旨を確実に伝えましょう。

弔問客を招かない場合には、葬儀後に、葬儀が無事に済んだことをお知らせする「はがき」をお送りするとよいでしょう。

訃報の文例

訃報連絡する際の文例をご紹介します。

訃報は、事実を簡潔に伝えることが目的ですので、特に文例を紹介することもないと思うのですが、万が一のことが起きた時には、気が動転して、頭も回らなくなってしまいます。

そのような状況の時には、ぜひ文例を参考にしていただければと思います。

電話で訃報を伝える場合

親戚への連絡

もしもし、ご無沙汰しています〇〇です。

今朝方、入院していた病院で母が亡くなりまして、ご連絡いたしました。

まだ、お葬式の日時などは決まっていないので、後ほど、あらためてお電話いたします。

遺体は、本日中には自宅に戻って来る予定です。

念のため、連絡先をお伝えしておきます。

電話番号は000-0000-0000です。

では、またご連絡いたします。

 

故人の知人・友人への連絡

突然のお電話で失礼いたします。〇〇の息子の〇〇と申します。

実は、〇月〇日に母が亡くなりまして、その連絡でお電話しました。

生前には大変お世話になったとお伺いしております。

つきましては、通夜を明日の17時から、〇〇斎場で執り行います。

告別式は、あさっての11時から同じ会場で行います。

もし、ご連絡等必要な時のために、私の連絡先をお伝えしておきます。

電話番号は000-0000-0000です。

何かありましたら、ご連絡ください。

 

故人の勤務先への連絡

突然のお電話で失礼いたしいます。

私、〇〇課の〇〇の息子の〇〇と申します。

急なことでありますが、昨日〇〇時〇〇分に父、〇〇が亡くなりましてご連絡いたしました。

つきましては、通夜を明日の17時から、〇〇斎場で執り行います。

告別式は、あさっての11時から同じ会場で行います。

お手数ではございますが、関係者の皆様にお伝えいただけますようお願い申し上げます。

 

家族葬の場合(故人の勤務先)

突然のお電話で失礼いたしいます。

私、〇〇課の〇〇の息子の〇〇と申します。

急なことでありますが、昨日〇〇時〇〇分に父、〇〇が亡くなりましてご連絡いたしました。

この度は、故人の希望により、葬儀は家族のみで行う家族葬の形式をとりますので、弔問およびご香典は、失礼ながら辞退申し上げます。

お手数ではございますが、関係者の皆様にお伝えいただけますでしょうか。

 

訃報をメールで送る場合

訃報をメールで送る場合

冒頭にも申し上げた通り、訃報は基本的には電話でお伝えするのがマナーです。

しかし、会社関係の方々へお伝えする場合は、代表の方へお伝えして、連絡網を通してそれぞれ関係者の方へ伝わってきます。

その際に、社内報や一斉メールなど用いられる場合が多くあります。

会社内で送る訃報の文例

件名:お知らせ【訃報】

従業員各位

営業課〇〇氏のご尊父〇〇様には永らくご療養中のところ〇月〇日 午前〇時 享年〇〇歳にて永眠されました

通夜告別式は 下記のとおり執り行われます  故人のご冥福をお祈りし 謹んでお知らせ申し上げます

なお、通夜・葬儀は下記の通り仏式にて執り行われます

通夜:〇月〇日 〇時より

葬儀告別式:〇月〇日 〇時より

葬儀の形式:仏式(浄土真宗)

場所:〇〇斎場

住所:神奈川県横浜市〇〇区〇〇

喪主:〇〇〇〇

お問い合わせ:000-0000-0000

 

弔事の文面には「句読点」をつけない

弔事の文面には「、」や「。」といった句読点をつけてはいけないということは聞いたことがありませんか?

弔事に関わらず、表彰状、感謝状などの文面でも、同様に「句読点」は用いられないのです。

その理由は、本来、日本語には「句読点」は存在しませんでした。

江戸時代になり、木版印刷が盛んになったころ「漢字」と「ひらがな」が混在する文章が広く一般庶民にも普及した際に、句読点も一緒に普及したといわれています。

文章を読みやすくするための補助的なものとして、外国文化にある「コンマ」や「ピリオド」の影響をうけ、使用されるようになりました。

この「句読点を使わない」という日本古来からの習わしが「厳粛な式典」や「重い儀式」には今もなお、色濃く受け継がれています。

そのため、訃報文・挨拶文・御礼文などには句読点を使わないのが習わしとされ、今も続いているのです。

「縁起が悪い」から句読点は使わない!というのは間違った認識です。

「訃報のお知らせ」とは書かない!

社内の連絡や地域の回覧板などの間違って「訃報のお知らせ」という書き出しで、訃報が記載されている場合がありますが、これは間違った言葉です。

訃報とは「死亡のお知らせ」という意味で、すでに「お知らせ」の意味を含んでいます。そのため「訃報のお知らせ」と書くこと「死亡のお知らせのお知らせ」と重ね言葉になってしまいます。

見出しとして書く場合には「訃報」「お知らせ(訃報)」と書けばよいのです。

結びに

いかがでしたか。訃報の基礎知識、伝え方や文例についてご紹介しました。

身内の方がなくなった時に一番際にすることは、訃報を伝えることです。

また、亡くなったことをお伝えするだけでなく、お通夜、葬儀・告別式の予定を正確にお伝えする連絡でもあります。

何を伝えればよいか迷ったときには、訃報の文例参考にしていただければと思います。

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ