葬儀の時、重点におくのは

syoka

大切な方の最後のお別れとなる葬儀。

「重点も何もないじゃないか」そう思われるかたもいらっしゃると思います。

葬儀費用を考える必要がないほど経済的に余裕がある、もしくは助けてくれる親戚や知人が多い方であれば、重点をおくも何もないのかもしれません。

 

葬儀費用は全国平均200万円前後と言われています。

ですが、近年では多くの方がこの金額以下で葬儀を行っています。

低料金な葬儀社が増えてきた事。

また、歴史の長い葬儀社も低料金な葬儀プランを出してきています。

ただ、これは「平均200万円」と言われた葬儀がそのままのクオリティで「低料金」になっている訳ではありません。

 

最近では「家族葬」という言葉がよく聞かれるようになりました、家族だけでお葬式をするという事なのですが。

例えば、このお客様を招かない家族葬では「200万円」のお金をかけた「華美」な葬儀は必要ないのではないかという考え方です。

つまり、「無駄を省く」事で費用を抑えているのです。

ですから、もしこの家族葬の低料金なプランで多くのお客様を招いたとしたら、場合により「貧相」に見えてしまったり、接待の部分で親切でない所が出てきてしまうかもしれません。

かといって「何事にも万全に」なるようにとあれもこれも付け加えていけば、せっかく低料金なプランを選んでも結局「200万円」という事になりかねません。

 

そこで、どういう葬儀にするか、どこに重点を置くかを考える必要が出てきます。

葬儀は地域によって形式に違いがあり、どういった部分を重要視するかも、価値観も変わってきます。

ですから、一概には言えない部分もありますが、私たちがメインに対応している東京都、相模原、横浜エリアでのお客様の傾向を基準にしてお話していきたいと思います。

 

葬儀費用の総額は5つの項目の合計から算出されます。

1.基本の葬儀料金(式場の設営や人件費、式の進行などの葬儀社に必ずかかる費用)

2.変動する費用(ドライアイス、安置料、搬送料、オプションなどがあります)

3.実費費用(式場の使用料や火葬料などの施設での料金)

4.接待費用(料理や返礼品などの費用)

5.宗教者への謝礼(お布施など)

 

この中の「1.基本の葬儀料金」については葬儀社によりどこまでが基本内容にはいいているかが違うため、確認が必要です。

 

費用を抑えたいのであれば、「2」「4」を抑え、なるべく「1」の「基本内容」で収めていくのがいいです。

 

お客様を呼びたいのであれば逆に「2」と「4」に力を入れていくのですがどこに重点を置くかを頭にいれて、必要なものだけを加えていきます。

 

例えば「4.接待費用」に関してだけでも色々なやり方があります。詳しくは問い合わせて頂きたいですが

返礼品の返し方は大きくわけて2通りの返し方があります。

「即日返し」と「後返し」です。

「即日返し」…お香典金額に関係なく着て頂いたお客様に一律、一定の金額のお返し物を持って帰って頂く方法。

「後返し」…当日はご挨拶の会葬品のみをお渡しし、後日、お香典に応じたお返し物を送る方法。

どちらも一長一短がありどちらがいいという事も状況により違いますが、人数が少なければ「後返し」の方が金額的に無駄がない返し方と言えます。

 

料理はケータリングで配膳などのサービス費も含まれているため決して安くはない金額です。

ただ、通夜、告別式両日で高い料理を食べなくてはいけない訳ではありませんので、お客様の多い通夜の料理だけ力を入れることも出来ます。

また火葬中は身内のみになる事がほとんどなので、葬儀後に外食や自宅で出前をとるなどして気楽に語らう時間を設けてもよいかもしれません。

 

「2.変動する費用」に関しては

・ドライアイス、安置料、搬送費などは基本に含む場合があります。(当社も費用は頂きません)

・オプションの部分ではあれこれつけてしまうと大変な金額になりますので、「テーマ」をきめて考えるとよいと思います。

 

例えば「お花でいっぱいの葬儀にしたい」→祭壇のグレードアップのみオプションを考える。

※葬儀社により基本の祭壇のグレードが違います。「お花でいっぱい」のイメージを明確にして、頼むか頼まないかを判断して下さい。

※祭壇に使用した生花はお棺の中に入れるお別れのお花になります。

 

「高齢のお客様に向けた葬儀」→マイクロバスの送迎

 

「最後は美しく送ってあげたい」→湯灌・納棺師など

 

「好きだった音楽で送りたい」→生演奏

 

こうした「テーマ」を考えて、それに沿ったオプションだけをつけていけばいいでしょう。

 

ただ、気を付けたい部分として、なるべく基本内容が充実している葬儀社を見つける事です。

この部分がしっかりしていないとあれこれ追加することになりかねません。

 

また、「基本プラン」が無く一つ一つ積み上げていく見積もり形式の葬儀社もあります。

この場合、徹底して無駄を省くことが出来る利点もあるかもしれませんが、必要なものと不必要なものを見極める必要があります。

 

葬儀社に一任したいとお考えであれば、いくつも葬儀社を見比べ、聞き比べて内容が充実してかつ低額なところを見つけて下さい。

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ