事前相談のお勧め

もしもの時…

その時は、突然訪れてきます。大切な方が亡くなった時というのは大きな悲しみやとまどいがございます。
そんな状況の中、様々な事を短期間に決定していかなければなりません。
事前に家族や親せきなどと決められる事や確認すべきことを相談しておきましょう。
高齢化社会の今、事前にその時のことを決めておくことは不自然な事ではなくなりました。
もしもの時のために事前の葬儀相談をしておくことをお勧めいたします。

お問い合わせ

もしもの時のために準備しておいた方がよいもの

  • 印鑑…届出人になる方のもの(三文判でシャチハタでないもの)
  • 本籍地を確認しておく(対象になる方と届出人になる方)
  • 生年月日を確認しておく(対象になる方、届出人になる方)

※届出人の対象

一般的に対象になるのは…親族、同居人、後見人、保佐人、補助人

他に事情がある場合…家主、地主、家屋管理人、土地管理人

遺影写真をお作りになるなら…

  • 写真…ポイント お顔にピントが合っているもの183721-2
  • お顔が大人の男性の親指以上の大きさ
  • できれば高画質のデータが良い(デジカメで撮ったものがお勧めです)

上記を準備しておくと、いざという時の混乱防止になるのとスムーズに打合せが進んでいくので、故人にたいして思いを集中できる時間が早く持てます。

他に、亡くなった事を伝えるかたの連絡先も調べてまとめておくとよいでしょう。

 

葬儀前のチェックをしてみましょう

葬儀前のチェックシートをご用意しました。シート画像をクリックすることで印刷ができます。

各項目の説明はこちら≫これだけ準備しておけば安心。葬儀前チェックリスト

準備もなく突然の葬儀をむかえてしまうと、心が動揺している中、バタバタと葬儀の準備をすることになってしまいます。事前の準備を整えられれば、葬儀の時をむかえても、すこしだけ「心にゆとり」ができます。この「ゆとり」が「故人様を想う時間」になってきます。

事前にできることは準備して、思い切りお気持ちを込めたお葬式をしましょう。

お問い合わせ

このページの先頭へ