お墓を継ぐ子がいない

Q,

娘が二人いますが、二人とも嫁に出しました。

私ども夫婦は親から受け継いだ墓を守り、その墓に入るつもりですが、あとはどうしたらよいのでしょうか。

長女に任せるべきですか。

 

A,

現在では、少なくとも法律的には長男相続とか長女相続といったことはなくなりましたから、娘しかいないからといっても、長女だけが先祖の墓を守る義務はありません。

娘さんたちと事前に話し合い、たとえば「より近くに嫁いだ方が守り、もう一人は、経済的にある程度の額を負担する」などと決めておいたらどうでしょうか。

長女であろうと次女であろうと、また、二人とも嫁いだ身であっても「ご先祖」ということでは全く同じですから、二人で仲良く「先祖の墓」を守っていけるのが理想的です。

どうしても墓をまることができないといった場合は「永代供養」をしているお寺があります。

これは、お寺が責任をもって永代にわたって供養をしてくれるというものです。

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ