相模原市営斎場での葬儀(火葬式)

先日は相模原市営斎場での火葬式のお手伝いでした。

故人が高齢という事もあり、考えても会葬者が見込めないという事で今回、火葬式のご依頼になりました。

故人は病院での闘病生活のあいだ、「家に帰りたい」という願いを家族に伝えていたそうで、

「自宅に帰してあげたいんです」

ご家族の希望で、自宅でのご安置となりました。故人は日蓮宗を信心していたようでしたので、お線香のしたくと枕飾りを整えました。

火葬を行うまでの4日間、ゆっくりお別れをして頂く事、お棺に入れる愛用品や好きだった食べ物、洋服、などを探して頂きながら思い出に浸って頂くようお勧めしました。

 

火葬の当日は、自宅にて

午前中に湯灌~納棺式。

家族でお線香をあげて頂きながらの昼食。

出発の前にお棺を囲んで最後のお別れ「お花入れ」

霊柩車が迎えにきて自宅を出発→火葬場へ

火葬場にて僧侶と合流し、炉前経の後、お焼香、火葬

 

ご自宅での4日間、奥様、息子様、お孫様で故人を囲み、たくさんのお話をされた事と思います。

お好きだった音楽を掛けて差し上げたり、皆でお酒をお口にあてたり、時にはそっとお肌に触れたり。。。

葬儀式はしませんでしたが、家族がお別れにだけ集中する事ができて、周りを気にする事なく故人と過ごす時間が持てたのではないでしょうか。

お好きだった音楽がバックで流れる、出棺前の時間はお別れのお花を入れながらご家族一人一人がお声をかけながら涙をながしておられました。

故人様への思いが伝わってくる。

そんな一日でした。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ