葬儀の形式ってどうしたらいい?家族葬?直葬?

一般葬

一般的に葬儀といえばお通夜・告別式をしてお坊さんがお経をあげ、多くの弔問客が訪れて火葬場へ出棺する、そんなイメージでしょうか?火葬場についたら食事をして、四十九日の約束をして解散。その後、納骨があって…

確かに、こういった形式での葬儀は多く行われています。「これが普通」という方も多いと思います。(宗教の違いもありますからこの限りでは、もちろんありません)

ですが最近では違う形での葬儀を希望されることも多くなりました。「家族葬」「一日葬」「直葬」「音楽葬」など

これは、今、葬儀をされる方の社会環境が一昔前とは少し変わって来ているからのように感じます。

古来の日本社会では助け合いながら、親族と近隣の人々が「葬儀」を担っていたのが、形を変えて葬儀社が葬儀を担うようになり、会葬者は香典を持参して家族を助けるようになった。同じように近年でも、葬儀の形が変わって来ているのかもしれません。

近所付き合いも少なく、呼べる会葬者が少なかったり、「身内だけがいい」または「迷惑をかけたくない」など様々な理由から、ほぼ「葬儀社」と「家族」だけの葬儀になるケースが増えてきました。

「見栄を張らない葬儀」「無理をしない葬儀」「完全に自由な葬儀」そんな考え方が増えたかもしれません。また、そんな自由な考え方を受け入れられる人も増えたような気がします。

一方で、そういった考え方を批判する方もいますし、今までの葬儀形式を大切にするべきという思いを強くする方もいます。

 

葬儀形式の選択肢は確実に増えていますが、自由に選択できるかどうかは、まだまだ、批判をしそうな方への考慮が必要です。

 

私は葬儀社として色んな形の葬儀を請け負いますので、何が正しいという事はありませんが、どういった葬儀であっても原点は「故人への想い」仏教的にいえば「供養」であると考えています。供養には、一人一人それぞれの形があり、従来の形で行っても立派な供養ですし、自分のできる範囲で行うのも立派な供養です。ですから、もし葬儀形式に迷いがある時は原点に戻って考えてみましょう。

最後に私が普段から親しくして頂いているお坊様の言葉をお借りいたします。

感謝の想いや伝えられなかったこと、してあげられなかったこと、せめて最後にしてあげられることを精一杯してあげましょう。

大切なのは、故人の人生、命の尊厳、遺族の故人への想いです

まず、そこからスタートさせて、葬儀の形を整えていきましょう。

今までの、葬儀とはこうあるべきという大きな葬儀から小さくしていくのではなく、最小限の原点のところから出発して、自分が故人へしてあげたいこと、出来ることを無理なくすることが、最終的に心のこもった式になる

こんな風におっしゃっていました。

 

供養には様々な形があります。しきたりや考え方にとらわれて本来の意味が忘れられ、故人の想いや遺族の想いが置き去りになってしまう事がないようにして下さい

 

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ