家族葬とは

今回は、家族葬についてですが、

私どもが主にご施行している地域、町田近郊の東京都地域、相模原市、横浜市及びその周辺の家族葬事情をお伝えさせて頂こうと思います。

 

「家族葬」は、そのまま言えば「家族だけで行う葬儀」な訳ですが、

「故人様を囲む一つの家族」だけで行う葬儀はもちろん家族葬ですし、

「故人様を囲む一つの家族」と「ご親戚」も家族葬です。

さらに、「故人様を囲む一つの家族」と「ご親戚」と「近親者」…この場合も「家族葬」という場合があります。

 

皆様がイメージする家族葬も様々だとは思いますが、この様に決まりがないところがあるので

「家族葬ってなんですか?」と質問がなくなる事はありませんし、

「家族葬がしたい」というお客様も、「家族葬はどこまでお招きする?」というお話によくなります。

 

ですから、こういったご相談をお受けした時は必ず、「家族葬」にしたい趣旨をお伺いします。

ご家族にはそれぞれ、「家族葬」の理由があるものです。

 

「家族葬」をしたい理由(例)

・小人数で静かにゆっくりと故人様をお送りしたい

・故人様が高齢である場合で、お招きをする対象になる方が周りにいない

・様々な理由から近隣の方や知人、職場、またはそれに関連する方がたに迷惑をかけたくないと考えている

・葬儀費用を全て一家で負担するつもりでいるため小規模の葬儀をする事で抑えたい

・食事やお返し物などの費用を抑えたい

・お付き合いや礼儀といった部分でかかってくる精神的な負担をおさえたい

趣旨をお伺いすればこうした様々な目的がありますので、一番最適なアドバイス探して「家族葬」の形を私たちは提案します。

 

「家族葬はどこまでお招きする?」という問いに定義などは存在しないと考えていますが、

「家族葬」の名目で葬儀をするのであれば、その利点を活かす形はとったほうがいいと考えます。

定義がないからといって、多くの方をお招きするのであれば、葬儀は小規模になりませんし、

お招きするのであれば「一般葬」とした方が「お客様からのお香典」もあり、費用の負担が減る場合もあります。

 

「家族葬」の名目でのご葬儀は

・あくまでも小規模

・参列はお身内のみ、家族、親族とそれに近いごく親しい方(数人)まで

こうすることで、家族葬の利点を活かすことができます。

 

「一般葬」と比べての「家族葬」の利点(メリット)

・葬儀の際の気配りはお身内の事のみに絞ることが出来る。

・ゆっくりと故人の事を考えてお別れが出来る。

・お身内のみであるため、葬儀の形式(2日葬、1日葬、自由葬、火葬式など)の相談がしやすい

・式場の設備や飾りで、対外的(お客様向け)な部分の費用負担がない

・大きな式場を借りる必要がない

・料理や返礼品の用意が最小数

・葬儀費用の総額が低く抑えられる

・お客様の人数は少なくても、規模は小さくても、お葬式がしっかり営める。

 

以上のように多くの利点がありますが、注意して頂きたいことは

もともとお付き合いのある方が多くいるのに、無視して「家族葬」にしてしまうことです。

「家族葬」のデメリットとして、「お別れをしたかった方」の「お別れの場」を無くしてしまう点があります。

ですから、交友関係や会社関係などのお付き合いが広い方には「家族葬」は不向きと言えます。

「ゆっくりと故人の事を考えてお別れをしたい。」という理由で「家族葬」をしたいのであれば、

「家族葬」を「密葬」として、後日「本葬」または「お別れ会」などの場を設けたほうが良いでしょう。

 

近年ではご近所付き合いも少なくなり、また高齢化社会もこれからどんどん進んでいきます。

人口も減っていき、以前のように葬儀を行う家族を、親族や近隣の方で支えていくという形は難しくなっていくでしょう。

都市部ではその進行具合も早くなります。

周りからの援助が少なければ、おのずと葬儀代は家族だけで負担する事になりますし、ご親族はその家族を支えられる唯一の存在になっていくのかもしれません。

今回は「家族葬とは」という事でブログを書かせて頂きましたが、「家族葬」はこんな形というような形式の事ではなく、

こうした、時代背景から「家族だけで負担する葬儀」「遺族を親族だけで支える葬儀」が「家族葬」なのではないかと私は考えています。

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ