埋葬料、葬祭費の受給手続き – 1

健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度
加入者の場合、故人の埋葬料、葬祭費が支給されます。

jukyuあまり知られていないようですが、健康保険(健康保険組合・共済組合一協会けんぽのことで、国民健康保険、後期高齢者医療制度以外の医療保険のこと)や国民健康保険、後期高齢者医康制度などから、葬儀費用の一部を受け取ることかできます。

国民健康保険、後期高齢者医療制度以外の健康保険に加入していた本人が亡くなった場合には、埋葬料を受け取ることかできます。

ただし、死亡原因が業務上や通勤途中だった場合は、健康保険ではなく労働基準監督署に請求して、労災保険より葬祭料または、葬祭給付を受け取ることになります。

健康保険に加入している本人の扶養家族が亡くなった場合は、家族埋葬料を受け取ることができます。健康保険に加入している人の勤務先の方で手続きを代行してくれることもあるようです。

国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入していた本人や扶養家族が死亡した場合は、葬儀の費用として目冶体より一定の金額を受け取ることができます。市区町村によって金額に差があります。また、受給手続には、葬儀社の領収書や会葬礼状が必要な場合もあります。

詳細は、居住地区の市区町村に確認しましよう。

受給手続きの詳しい場所や必要なものを確認するにはこちらを御覧ください。埋葬料、葬祭費の受給手続き – 2


お問い合わせ

このページの先頭へ