葬儀に関する Q&A

お客様からよくいただくご質問をまとめました。

Q:事前相談には費用はかかりますか?

費用は一切かかりません。些細なことでもかまいませんので、お気軽にご相談ください。

ご予算やご要望などお聞かせください。

Q:深夜に息を引き取ったのですが、連絡をすることはできますか?

深夜問わずいつで遠慮なくご連絡ください。24時間365日対応しています。

ご連絡をいただければ、当社の担当が迅速にお迎えにうかがいます。

Q:臨終を迎えたあと、どのように対処したらよいですか?

亡くなられた場所によって手順が異なります。

病院で亡くなられた場合

  1. お医者様より死亡確認をうける
  2. 病院から搬送のお話をされる    ※この時に知り合いの葬儀社を呼びたい旨を伝える。
  3. 当社に連絡
  4. 病院から死亡診断書を受け取って、当社の到着をお待ち下さい。

ご自宅で亡くなられた場合

  1. 病院か警察へ連絡
  2. 病院か警察に当社を呼びたい旨を伝える
  3. 当社に連絡
  4. お医者様が死亡診断書を出せる場合は受け取って当社の到着をお待ちください。警察が係る場合は次項へ

事故で亡くなられた場合

  1. 警察の指示を受けるまでご遺体を動かさないようにする
  2. 警察に当社を呼びたい旨を伝える。
  3. 警察の指示を仰ぎながら当社へ警察の担当者のお名前と指示をお伝え下さい。

※死亡診断書はこの場では出ません。警察の検死を受け、その後に発行されます。警察の許可が下りればご遺体を安置先にお連れできます。

Q:ほのか葬祭に連絡をしたあとは?

ご依頼をいただきましたらすぐにお迎えにあがりますのでお待ちください。

病院にいらっしゃる場合は

死亡診断書を受け取り、お荷物の準備をしていただいたら当社の到着まで故人に寄り添って差し上げて下さい

お送り先

当社指定の安置施設へ

病院にてお打合せをさせていただきます。その後、一旦のお別れとなります。

安置施設にお連れいたしましたらお体のご処置をさせていただきます。

ご自宅へご安置

ご自宅にお連れいたします。

到着いたしましたら、お布団のご準備をしていただき、お寝かせいたしましたらご処置をさせていただき、お打合せをいたします。

自宅にいらっしゃる場合は ※警察の関わりがない時

故人に寄り添っていただきながら到着をお待ちください。

ご自宅にお伺いいたしましたら、お体のご処置をさせていただきお打合せをいたします。

ほのかでは、プラン内に火葬式に最低限必要な事が全て含まれております。

役所手続や火葬場のご予約はもちろん、お体の処置やご納棺、当日の火葬場案内まで。

まずはご連絡をしていただき、当社が到着してお打合せが終わればあとは全てお任せください。

基本的に皆様にして頂く事はお棺の中にお入れしたい物のご準備と、お呼びしたい方へのご連絡だけです。

状況に必要な事が出てくる場合は事前にアドバイスさせていただきますのでご安心ください。

Q:お葬式を初めて執り行うのでの知識がなくて不安です。

ほとんどの方は、お葬式を行うのは初めての経験だと思います。

お葬式に慣れている人などいないのです。ご安心ください。

専門的知識を持ったスタッフが最後まで責任をもってお手伝いいたします。お客様は、お別れの時間をゆっくりとお過ごしください。

Q:2日間ではなく1日だけの家族葬は行えますか?

はい、1日で行う家族葬もございます。

また、ご予算などに応じて「無宗教葬」や「火葬式」などのプランもございます。

ご予算、ご要望を聞かせていただければ、お客様に一番合ったプランをご提案いたします。

Q:火葬式当日の内容は?

火葬場にてお待ち合わせとなります。

火葬時刻の前に担当者がお迎え場所や流れをご説明し、時間になりましたら車を火葬場入り口にお着け致します。

皆様に迎え入れていただきましたら、お棺を先頭に列を作り火葬炉の前まで移動いたします。

火葬炉の前で蓋をお開けし最後のご対面と愛用品などをお入れします。

お別れのお時間は10分~15分ほどです。

その後、お蓋を閉じて火葬炉にお納めしてご焼香。火葬時間は40分~1時間30分ほどで火葬場によってまちまちです。

お時間になりましたらご収骨、ご散開の運びとなります。

 

自宅からのご出棺の場合は出棺前に最後のお別れをして車にお乗せします。

皆様の準備が整いましたら火葬場に向けご出発。

火葬場に到着いたしましたら入り口でお出迎えしていただき火葬炉に向かいます。

火葬炉の前ではお蓋を開けずに火葬炉にお納めしてお焼香以降は火葬場待ち合わせの場合と同様の運びとなります。

Q:埋葬料・葬祭費について教えてください

埋葬料、葬祭費とは申請することでもらえる補助金です。

健康保険(健康保険組合・共済組合一協会けんぽ)や国民健康保険、後期高齢者医康制度から、葬儀費用の一部を受け取ることかできます。

国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入していた「本人」または「扶養家族」が死亡した場合は「葬祭費」を受け取ることができます。

市区町村によって金額が異なりますが1~7万円が給付されます。

また、健康保険(健康保険組合・共済組合一協会けんぽのこと)に加入していた「本人」または「扶養家族」が亡くなった場合には「埋葬料」という名目で5万円が給付されます。

詳しくはこちら、埋葬料、葬祭費の受給手続き-1 を御覧ください。

諸手続きについて

具体的な埋葬料、葬祭費の受給に伴う諸手続きについては、埋葬料、葬祭費の受給手続き-2 で詳しく説明しています。

併せて御覧ください。

Q:火葬場に何人まで行っていいのですか?

少ない方が望ましいです。

基本的に何人でも参列は可能ですが、火葬式は火葬場での10分~15分が最後のご対面時間になるため人数が多いと一人あたりのお別れ時間が短くなってしまいます。

ゆっくりお別れをしたい場合、お棺を同時に取り囲める人数が望ましいと思います。

Q:お花の持ち込みはできますか?

持ち込み可能です。持ち込まれる際は、アルミ箔などは付けないでお持ちください。

ご自身でのご用意が大変でしたら、オプションとしてご用意することも出来ます。

Q:遺影写真を自分で用意することはできますか?

ぜひ、ご用意してあげて下さい。

一般のお葬式と違い大きさなどはこだわらなくてもいいと思います。

故人が生き生きとした故人らしい写真を用意して差し上げてください。

正式な遺影写真をご希望の場合はオプションをご利用ください。

Q:お寺様を戒名付きで紹介してもらった時に位牌はついてきますか?

白木の位牌をこちらでご用意いたします。忌明け後の本位牌はご相談いただければご案内いたします。

Q:普段お寺との付き合いがないのですが、お葬式にお坊さんを呼ばなければなりませんか?

普段お付き合いがない場合でも、お墓をがある場合には、お寺様へ連絡を入れた方がよいでしょう。

また、特定の宗教儀礼にこだわらないのであれば「無宗教葬」という形でとり行うこともできます。

無宗教葬には決められた形式がありませんので、ゆっくりとお別れの時間を過ごすことができます。

Q:見積り以上に費用がかかることはありますか?

見積り以上の費用は一切かかりません。当社は、契約前にすべての費用をご提示いたします。

Q:費用はいつ支払えばいいのですか?

葬儀がすべて終わった後にお支払いください。

現金一括払いのほかクレジットカード決済にも対応しています。

Q:生活保護受けていて葬儀費用がないのですが、葬儀を行う方法はありますか?

生活保護を受けている方を対象に「葬祭扶助」という制度があります。

この制度を利用すれば、国から費用援助を受けて葬儀を行うことができます。

  • 生活保護受給者が施主を務める場合
  • 故人が生活保護受給者であった場合

以上の場合が適用対象です。「お亡くなり後から葬儀前まで」の間に住民票のある自治体で申請を行わなければなりません。

詳しくは、各市区町村役場の「福祉課」または当社へご相談ください。

 

お問い合わせ

このページの先頭へ