最低限の葬儀を考える

現代でも葬儀は伝統的なしきたりとして私たちの中に根付いています。
しかし、この「伝統的」と考えているものの起源はそう古いものではありません。

ひとを送り悼むという事は、動物にはできない人間だからこそできるものです。

そういう人の気持ちが亡くなった人を惜しみ、送る形を作っていき、その送る形を変えていきながら葬儀となったのでしょう。

現代に残る「葬儀の歴史」について書かれているものをみると大体が一般庶民の葬儀の事ではなく「富裕層」での葬儀の変化、加えてその時代の今でいう「都市部」での事がかかれています。

日本の古代の葬儀で誰でも知っている弥生時代の「古墳」の事や、現代の葬送儀礼に通じる仏教での儀式の原型の事、手厚く葬儀をした「厚葬」などの言葉や逆にお金を掛けすぎてはいけませんと「薄葬令」が出されたとか、そうやって葬儀の形が時代とともに変わっていったのは間違いない事でしょうが、そういった教科書に載っているような事はすべてその時代の「富裕層」の葬儀の事です。

その「富裕層」の葬儀が明治に入ってから日中に行うようになり葬列が大きくなったそうです、会葬者にはお菓子や饅頭、お弁当を配ることが始まり現代の会葬返礼品の原型が出来ました。

それから大正になり霊柩車が登場、また現代の祭壇飾りの原型も誕生しました。

そして戦時中からその最終局面に至るまでに一旦無くなり、戦後の日本の復興とともに葬儀も復興しました。

 

この様な葬儀の変化はそれぞれの時代の一般庶民の人々の葬儀とはかけ離れていて、現在のように誰しもが祭壇を作って通夜・葬儀・告別式を行えるようになったのは早いところで昭和40年~50年くらいで、それまでは祭壇などは使わずに、現在の枕机にお花、供物を配しただけの単純なものでした。

また個人のお墓は別にして「家墓」は先祖代々、何百年も続いているものというイメージがありますが一般庶民に本格的に広まったのは明治末期と言われています。

明治政府の許可が出るまで「家」を名乗っていいのは貴族、武士、あるいは豪農などの社会の特権層にだけゆるされており、一般庶民はそれまで家のお墓を持つことが許されていませんでした。

昭和40年代以降、一般庶民も行えるようになった現在のような葬儀は日本の経済成長に伴い、祭壇の段数の多さでその豪華さや盛大さを競うようになり格式の高さをどう現すかを重要な部分として考える風潮になりました。

葬儀に人が集まる時代になり、その見栄えを気にするようになったのです。

人々の社会関係が、ごく近くの地域の人に限られていた時代には見栄を張らずに行われてきた葬儀が本来の趣旨とは関係ないところで変わっていったのです。

 

本当に必要なものは何なのかを考える時代です。

 

現代では「都市部」を中心に生活環境が大きく変わってきました。

かつては地域住民で助け合い行われてきた葬儀も今では家族で行わなければいけません。

また少子化や高齢化が進んだ今、葬儀に人が集まりづらくなっています。

以前のように大型の葬儀を行うことは「家を傾ける」ことになりかねません。

これまで時代とともに葬儀が変化してきたように、これからも葬儀は時代に合ったものに変化していくでしょう。

 

私が考えるのは「葬儀は出来る範囲でいい」という事です。

また、無理をしないで葬儀する「最低限の葬儀」とは何なのか?

 

家族だけで故人を送る時代になったのなら、立派な祭壇は必要なのか

たくさんのお花は必要なのか

 

故人を悼む原点に戻れば、華美な装飾は必要ないと考えます。

気持ちのこもったお供え物と家族が気持ちを一つに送って差し上げればいいのではないでしょうか。

 

自宅の環境が良ければ、遺体は自宅に安置して家族でゆっくりお別れをするのが大事だと考えます。

 

「ほのか」ではオプションになりますが、「自宅安置」をお勧めいたします。

また、当社でお坊様をご紹介する場合に限りますが仏教でお考えなら火葬前日と当日の2日間で通夜・葬儀のお経を読んで頂くこともできます。

 

この場合の費用例は

ほのか提案「最低限のお葬式」

ほのかのワンプラン  108,000円

自宅安置          27,000円

合計          135,000円+火葬場の代金

 

お坊様へのお布施

通夜・葬儀 戒名なし 200,000円

 

※お客様を招かない形となりますが、「最低限のお葬式」準備と出棺をいたします。

※詳細はお問い合わせ下さい。

 

皆様が悔いのないお別れができるよう精一杯のサポートをさせて頂きます。

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ