シンプルな家族葬でもお気持ちは込めて

昔からの日本の葬儀はご近所で助け合い、多くの方に見送られる葬儀が一般的でした。
し かし現代社会においては少子化や高齢化が進みご近所や親戚付き合いも希薄になりつつあります。これまでのように助け合いで大きな葬儀を行うのは難しい時代 になってきています。それに伴い、求められる葬儀の形は多様化し、家族葬や1日葬、火葬式(直葬)など色々な形が生まれました。

「規模を小さくして家族だけで」という思いから生まれた「家族葬、一日葬」は、周囲に気を遣う事無くゆっくりお別れの時間が持てますし、香典返しや通夜振る舞いなどの接待費をかけなくてすむことから葬儀の総額は少なくなりました。
ですが、頂けるお香典が少ない分、実際の持ち出し分は大きくなっている事が多々あるようです。
大切な方とのお別れの時、盛大に送ってあげたいお気持ちが生まれる事と思います。無理がなければその様にして差し上げて下さい。
ただ無理をしないように、故人の事、家族の事、これからの生活の事をしっかり考えて負担を掛けない葬儀として「家族葬」をお選び頂くのも一つかと思います。
どんな送り方にしてもお気持ちを込めてお送りする事に変わりはありません。

当社が大事に考える事がもう一つございます。
「手元供養」です。
大切な方のご遺骨を少し手元に残して頂く事をご提案します。
葬儀はシンプルに、でもお気持ちはこめて・・・

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ