葬儀にお坊さんはひつよう?

日本人ですから葬儀といえばお坊様です。

そのお坊様が来ない葬儀にたいして違和感をおぼえる方が多いことと思います。

ただタイトルのようにひつようかと問われれば必ずしも必要とは言い切れません。

現在の日本ではいろんな宗教を信心してる方がいます。

その信仰の対象が必ず仏教な訳ではありませんし、仏教でもお坊様が来ない宗派もありますし完全に無宗教の方もいます。

また、お坊様も無償で来てくれる訳ではありませんから、「お布施」がかかります。

それによって呼びたくても呼べない事情のある方だっています。

 

色々な理由でお坊様が来ないお葬式が行われる事がありますが、どの場合でも個人が「安らか」であるように願う事に変わりはありませんし「安らか」であると信じるしかありません。

普段、仏教を信心している方が「お金」の事情でお坊様が呼べなかったとしても信じるしかありませんし。葬儀屋の私は「お気持ちがあれば大丈夫」といいます。

 

私は葬儀屋ですからどんな宗教でも、無宗教でもお手伝いをします。

どんなお手伝いの時でも故人は「安らかな場所に行く」と思っています。

葬儀屋の立場の私にとって、宗教はなんだっていいと思っています。

宗教を信じなくてもいいと思っていますし、逆に信じている方も素晴らしいと思います。

 

お坊様を招くか招かないかは招く側しだいです、信心している方は招くべきです。

だからといって、周りも呼ぶのが当たり前と思わせる風潮はよくないと考えます。

 

これはあくまで個人的な意見ですが。

お坊様を招くなら、代々家で信心している宗派がある方もしくは、これから信心したい方がいいと思います。

なんとなくでどんなお坊様でもいいやという方は呼ばなくてもいいような気がします。

 

「ちゃんとした葬儀をあげるべきだ」と仰る方もいますが、「ちゃんとした」の定義もあやふやです。

時代の変化とともに葬儀自体も簡略化していて都市部では簡略化した葬儀が一般的な形になっています。

・亡くなってすぐの枕経はほぼありません。

・以前は親族だけで過ごし夜通しお坊様のお話を聞いたお通夜も今では、お坊様がご親族に気を遣って早く帰りますし、お通夜の弔問が一般的になりました。

・線香を絶やさない「寝ずの番」も自宅以外では「消防法」を理由に出来なくなっています。

・以前は葬儀への参列が一般的でしたが現在は逆です。

・お坊様が火葬場に来ないこともありますし、来てもすぐに帰ってしまいます。お坊様が忙しい事もありますが、やはり遺族に気を遣っての事だったり、遺族自体もお坊様の接待を嫌がる傾向で   す。

・繰り上げ初七日法要が一般的になりました。 など

 

メディアでは変わりつつある葬儀事情なんていいますけど、もうすでに変わっていてそれが一般的になっています。

「ちゃんとした」の定義が崩れていくからこそ信じられるお坊様(宗教)を選ぶべきだと思いますし。

故人を思う「心が」大事だと思いますから、逆にお坊様を呼ばない選択をして送り方を考えるのも良いと思います。

 

世の中がどれだけ変わって絶対に変わらないのは、故人を思う人の「気持ち」だけだと思います。

 

↓ あなたの一押しが励みになります。↓

家族葬プラン

火葬式プラン

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ